遺伝などの原因での白髪予防は不可能である

Posted by Wilson Cham | Posted in テーマ《白髪予防》のリスト2011-06-262011-06-26 2011-06-26 2011-06-26 2011-06-26

0

白髪ができる原因は、加齢と共に黒い髪を保っているメラノサイトという物質の減少によって、毛が白く変化することである。

さらに、親が白髪である場合は、遺伝によって生活習慣を生涯きちんとするつもりである子供も白髪になる可能性が高い。

よって、いくら食生活や運動をした生活習慣をきちんとやっても、いずれ年を取れば白髪になる確率は上がる。

酒やタバコや油の多い食事を続けたり、運動不足だったりすると白髪になる年齢が早くなるだけのことである。



白髪が生えてきたら、よく白髪染めの液体を購入して白髪を黒に染める人が多いが、白髪予防するためには、白髪が生える前に根本的な白髪の原因を治すことである。

定期的に自分の髪を鏡でチェックして、白髪が生え始めるぐらいから早期に白髪予防の専門の病院で診察してもらい、自分の髪にあった白髪予防の内服用のサプリメントをもらい、薬として飲んで白髪を予防するのが私の考えである。

毎日欠かさずにそのサプリメントを服用しなければならない。



しかし、毎日白髪予防のサプリメントを服用したからといって、完全に白髪が生えないという保障はない。

白髪の遺伝的要因と加齢要因によって、白髪の生えることを避けることは難しい。

それは、白髪を生えるのを遅らせる薬と考えても良い。

よって、総括的には白髪は避けることができない。

白髪を避けることはできないといっても、遅らせることは可能である。

白髪予防サプリメントを服用するもいいが、一番の薬はなんといっても生活習慣である。

Post a comment